2007年1月トミン初走り

2007年1月4日、塾長をはじめ塾生が多数初走りに参加するとの様なので新年の挨拶がてら初走りに参加する事にしました。
梨塾以来のトミンなので壁である27秒が自分の意思で出せるか楽しみでした。
一応今年の目標は、
トミン26秒台+Aクラス優勝 筑波3秒台+GSX-Rカップ入賞
と定めました。
恐らく、年齢とセンスから自分なりに判断するとこれが限界だろうし、今年が勝負の年となるのは感じている。
これぞ正しく限界に挑戦!である。
この目標が達成してブログ終了といきたいものです。
不思議なものです、つい最近まではシーズン中はAクラス入賞などありえないと思っていましたが入賞出きるまでになり、優勝も見えてきました(しかし簡単に優勝できるとは思わない)。
もっと言えばAクラスを走るとか入賞とか、まして27秒とか思いもよらなかった。
目標をしっかりもって練習する事は大事だと改めて感じました。
しかし、新年早々転倒はご免なので今日のところは無理はしないと決めていました。
そんな事を考えながら現地に到着。
知り合いに挨拶を済ませ準備に取り掛かる。
さすがに初走りは人が多い、が大渋滞でもない。
そこそこのタイムは出ると思いました。
準備も終わり時間となったのでコースイン。
いつもの様にタイヤを暖め徐々にペースアップし、これまたいつもの様に28秒前半が出たところで一旦終了。
ここまではこのところに走りと何らかわりは無い。
一服して再度コースインするが、タイヤは休憩たびに冷えてしまうのでタイヤを暖めらながら徐々にペースアップ。
遅いバイクを最終コーナー立ち上がりで抜きながら29秒から30秒台位でひたすら走り、クリアになったときアタックをする走りとなる。
しばらくするとクリアが続き、すかさずタイムアタック。
すると28秒前半が連発、調子も良いし、自分的には無理している感覚はない。
しばらくすると渋滞になる、たまに危ない人もいる。
渋滞の時はライン取りに注意するといった走りで無理に抜く事はしない。
大分走ったのでここで休憩としコースアウト。
一服しながらP-LAPを確認する。
28秒フラットがベストタイムだった。
全然無理もしていないし遅いバイクもいるのに28秒フラットが簡単に出ていた。
やはり、ラインだけ注意していれば28秒フラットまでは簡単の出る、と改めて感じました。
ここで疲れたので一服しなが他の人の走りをチェックする事に。
相変わらず気合を感じる走りをしているY○T氏を発見。
見るからに速いしラインも決まっている、今年も強敵であると感じる。
私も負けていられないので一応27秒目指してコースイン。
しばらくタイムを出そうと頑張ってみるが渋滞をぬってのタイムアタックは危険と感じ今日はこれまでとしました。
正月にちょっと体力作りをサボったので少しだれてきたし、ヨシとしました。
すると塾長が登場しY○T氏に稽古をつけている、相変わらず凄い走りをしていた。
渋滞など関係ない、それについて行くY○T氏も凄い。
やはり今年も優勝候補である、私も次回は負けない様に練習しようと強く思い帰路に着くのでした。


続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック