テーマ:梨本塾

梨本塾参加13回目(またしても、情けない!)

2007年2月25日、梨本塾に参加した。 今回は今までとは違う、優勝有るのみ!、それだけを思ってトミンに到着。 いつもの通り挨拶を早々にすませ、準備に入る。 今日は、私に余計な緊張をさせないために気を使っているのか、私の事が嫌いなのか、あまり話し掛けてくる人が少ない。 何より今日は寒い、とにかく寒い、ウォーマー前提の002、執念…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

梨本塾参加12回目(自滅して負けた!)

2007年1月、このところ恒例となっている梨本塾に参加しました。 天気も雨から晴れ、そして気温も暖かく絶好のコンディションとなった。 半月程前になるがフリー走行で27秒中盤が自力で出せる様になり、メンバー的にも優勝出来る条件は揃っていた? 歴代の優勝者からも、自分の走りをすれば優勝出来る、と応援メッセージも貰った。 となれば今回…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梨本塾参加11回目(何だこのタイムはー!)

2006年12月、恒例の梨本塾に参加しました。 先月27秒台と言う念願のタイムである27秒6を出したまでは良かったが、ヤガ塾では絶好のコンディションでメンバー的にもタイム更新間違いない状態だったのに結局27秒台は出せなかった。 そんな事もあり少し不安を抱えての参加でしたが、梨塾ともなれば独特の雰囲気もあるのでもしかしたら27秒台が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾参加10回目(遂に念願達成!)

2006年11月、梨塾の公式タイムとして27秒を出すことだけを目標として入念に最終コーナーの攻略だけをイメージして望みました。 とは言っても未だR1000で1度も27秒を出したことが無く本当に出せるか不安もいっぱいありました。 ヤガ塾の帰り際、開けっぷりは良いとシ○R1氏に言われたので何とか第1コーナーの突っ込みを頑張れば何とかなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾参加9回目(さらば10R)

2006年10月、やはりR1000の修理は間に合わず10Rでの参加となりました。 私にサーキットの楽しさ、恐ろしさ、色々お世話になった10Rのラストラン、さらば10Rと思い悔いのない走りをとの思いで参加しました。 現地に到着するといつもの様に挨拶を早々に終わらせ準備にとりかかる。 入念に磨いてAクラスの走行開始を待つ。 今回は一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾参加8回目(ベスト更新)

2006年9月、筑波の事はひとまず忘れる事にして気持ちを切り替えて、サーキット専用としたR1000とNEWツナギをデビューさせるべく梨塾に参加しました。 この時の目標は何とか無転倒のままタイム更新をとの思いで参加しましたが、念のためR1000には転倒に備えFRPカウルを装着しました。 参加バイクもツナギも新しくし、秋のバイクシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾参加7回目(遂に・・・)

2006年6月、免停中の為友達に運転を頼み梨塾に参加しました。 骨折後は前回に続いての参加となりましたが、走り込み不足の不安をかかえたまま現地に到着、そして挨拶を早々に済ませ準備を始めていると塾長が話しかけてきました。 今日はどっちではしるの?、はい、R1000はまだなれてないので転倒するともったいないので今日は10Rです、もで塾長…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾参加6回目(復帰戦)

2006年5月、梨塾を明日に控え天気は雨から晴れだった。 絶対転倒出来ないと言う事でタイヤのチョイスに悩んでいた。 ウェットでもドライでも対応するためにはいつものハイグリップタイヤは装着できない。 だとするとパイロットパワーかディアブロコルサあたりが無難と判断。 多分常連組はハイブリップタイヤで参加するであろうし、もし午前中で雨…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾5回目参加(挫折)

2006年2月、勢いに乗った私は今回もAクラス表彰台などと甘い考えをしていました。 暖かくなれば特Aの方が続々登場し表彰台など無縁の人になってしまうので今回は特別な思いがありました。 しかし、梨塾当日はどしゃ降りの雨、ウェット条件でサーキットを走ったことのない私にはビビリミッター利きまくりでした。 ただサーキット仲間のほとんどが今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾4回目参加(Aクラス初表彰台)

コソ練でいい感触をつかみ毎日エントリーリストの発表を待ちわびて遂に発表! なんと5番ではないですか。 前回設定した目標では5位にならなければなりません。 またもやプレッシャー!、 しかし、仲間内3人がエントリーしているので多少は気が楽でした。 そんな中いざ出陣! 段々梨塾慣れ、トミン慣れしてきて、この頃になると緊張するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾3回目参加(後編)

さて、いよいよタイムアタック! 友人I氏に激励されコースイン、タイヤを暖めてペースアップしていくわけですが、周りが速すぎてウォーミングアップ段階ですでに限界となっていました。 これではアタックする前にバテテしまう、そう思った瞬間、あの有名な○び太氏が私の前に現れ猛烈な勢いでS字を通過して行きました。 思わずストーカーすることを思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾3回目参加(前編)

2005年12月、梨本塾も今回で3回目となり要領も少し分かってきてエントリーリストが楽しみでした。 しかし、過去2回は仲間内で参加していたこともあり、塾で話をする人はほとんどなく、心細い限りでした。 いざ発表、なんとBクラスでなくAクラスの最後、ゼッケン11になってるではありませんか。 この瞬間夢も希望もなくなりました。 Aクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾2回目参加(決戦)

2005年11月、オーストラリアからの刺客と決戦の日が来ました。 29秒台が出たとは言え、ものになってるかどうか分からず参加となった。 梨塾初の外国人参加でオーストラリアからの刺客は人気者となっていた。 また、この時は仲間内4人で参加していたので和気藹々とした雰囲気で少しは不安が解消された気がします。 ウォーミングアップなどお構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨本塾初参加

2005年10月、友人に進められ梨本塾に参加する事になりました。 私はDクラス、友人はAクラスでの参加です。 いつも通り早朝6時半、新倉SA集合で友人のトランポの後を自走でトミンへ。 現地には8時前に到着するもバイクの止める位置がわからずウロウロする始末、結局友人のトランポの横に止めてしまいました。 するとバイクはあっちと友人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more